公 立 中 高 一 貫 校 受 験 対 策 プ ロ 個 別 指 導   東 京 進 学 セ ミ ナ ー

やりすぎてはイケナイ!桜修館受験の算数対策

こんにちは。東京進学セミナーです。

今日は桜修館を受験するにあたって、算数をどの程度まで仕上げたら良いのかまとめていきます。

まずは配点から。

適性I (作文)点
適性II    500点
報告書    300点
この中で、算数が関わるのは、
適性II 大問1 200点
と、
報告書 37.5点
ですね。
1000点満点中、235.5点分が算数にあたります。

まず、報告書37.5点分の対策としては、学校のテスト対策に尽きます。

中学受験は、学校のテストがおおむね満点の人が行うものですから、
公立小学校のレベルのテストは全て解けるようにしておいてください。

速さ、比、場合の数
このあたりは必ず押さえましょう。

次に、適性IIの大問1の200点分の対策ですね。

桜修館中等の過去問をみると、旧形式では3量のつるかめ算や、
連立方程式、不定方程式、図形の移動といった、
私立中学受験レベルの問題の出題が目立ちました。
また、新形式のはじめの年(平成27年)には場合の数の難問が、
2年目(平成28年)にはニュートン算が出題され、
ますます私立中学受験の対策が必須となったと思われました。

ところが3年目以降は落ち着いた傾向となり、
円の台形の面積の公式や、条件整理の問題が主となりました。

したがって、来年度以降もこの傾向は続くことが予想されます。

なぜなら、桜修館中等の求める生徒像は、学校レベルの知識をもとに、
その場で思考・判断することが得意な子、だからです。

桜修館中等は14年目に突入し、ようやく理想の生徒像にマッチする形で、
受験問題を安定して出題できるようになったといえそうです。

したがって、予習シリーズ6年上のような高度な算数的知識よりも、

まずは学校レベルの公式・知識に抜けがないようにし、

その上で、計算スピードをとにかく高めること

が対策の基本となってきます。

せっかく正しい知識があっても、制限時間内に回答できなければ得点にはなりません。

東京進学セミナーでは、大手塾でフォローしにくい計算対策もしっかり行っております。

桜修館受験生は、速く正確に解くことを、日頃から意識しましょう。

さぁ、しっかり対策を行い、
桜修館中等受験合格を勝ち取ろう!


東京都立 桜修館中等教育学校  桜修館中等教育学校についての関連記事

>>  桜修館中等教育学校の学校情報
>>  桜修館 第1回適性問題等解説会 当日速報
>>  桜修館の長文化傾向と速読の重要性
>>  資料の読み取り対策に悩む桜修館受験生へ


受験相談・無料体験授業 今すぐお電話ください。